シリコンバレー近郊

Exploratorium(エクスプロラトリアム)科学博物館の無料開放デー

ひさしぶりに風邪を引きました。

ノドの痛みに始まり、鼻水、くしゃみ、頭痛といった具合に次から次へと不調に見舞われましたが、ようやく症状もおさまりつつあります。

みなさまもお気をつけください。

 

さて、今日はサンフランシスコで訪れたExploratorium(エクスプロラトリアム)科学博物館のお話です。

  • おわりに
  • エクスプロラトリアムってどんなところ?

    簡単に言うと、体験型の科学博物館です。

    展示されているものを見るだけでなく、実際に触れたり動かしたりして、

    大人でも「不思議だな」「面白いな」と思えるような体験ができます。

    www.exploratorium.edu

    お得なCommunity Day

    通常の入館料だと、大人:約$30、子ども:約$20と結構なお値段なんですが、たまたま訪れたのがCommunity Dayという日で、この日の入館料は

    “あなたの希望の金額”

    とのこと。

    つまり払いたくなければ無料で入れてしまうスペシャルデー!

    さすがに無料で入るのは気が引けたので、多少は払いましたが・・・。

    今年はあと2日同様の日があるようなので、興味のある方はこの日程に行ってみてはいかがでしょうか ↓

    ・Community Pi Day (DAYTIME ONLY: Thursday, March 14, 2019)

    ・Community Mother’s Day (Sunday, May 12, 2019)

    おもしろ展示

    この施設内には650点を超える展示があるそうで、全てを見切れたわけではないのですが、その中でいくつか印象に残ったものをご紹介します。

    色が変わるドーム

    どーーん・・・

    この笑ってしまう存在感により、常に撮影の列ができていました。

    頭にこの丸いのをかぶり、座って手元のダイヤルを回すと色が変わるという代物。

    色によって心地よさが変わるというのを体感するもののようです。

    ただこれは、実際に体感するよりも外から見てた方が楽しめました・・・

    テルミン 

    音を体感するコーナーに電子楽器テルミンがありました。

    のだめカンタービレで見たことある!と思い、早速挑戦。

    体験できて面白かったですが、これを楽器として演奏するってなかなか難しそう。

    あ、だけど昔ライブで使ったオタマトーンに似た感じだなとも思いました↓

    おたまトーンも指をスライドさせるとテルミンみたいな不思議な音を奏でてくれます。

    モノクロの世界を体験できる部屋

    今回見た中で一番テンションが上がったのがこれです↓

    写真だとわかりにくいんですが、右の方は黄色っぽい光を当てた部屋になっており、この中の人や物は色が消えてモノクロに見えます

    壁に描かれた虹は手前から奥まで同じ色で描かれているのですが、光の効果で濃淡しかわからなくなっており、写ってる親子も服の色がわかりません。

    ですが室内にぶら下がってるライトを当てると、本来の色が見えるようになります。これにより、ベンチカラフルなシールが貼られていたことにようやく気がつきました。

    目の錯覚体験、面白かったです。 

    おわりに

    今回は大人も子どもも楽しめる科学博物館、エクスプロラトリアムのお話でした。

    それにしてもこの施設名、何回聞いても覚えられず言い間違えます・・・

    次に訪れる際にはさらっと言えるようになっていたいものです。

    それではまた。

    burame

    アクセス・営業時間

    Pier 15 The Embarcadero, San Francisco, CA 94111

    <営業時間>

    火曜日~日曜日:午前10時~午後5
    木曜日夜間(18歳以上):午後6時~10

    休館日:月曜日(振替休日を除く)

    サンフランシスコ関連のおすすめ記事

    www.calikura.com

    www.calikura.com

    www.calikura.com