ホテル・店舗

ラスベガスのラグジュアリーホテル【アンコール】に泊まってみた

こんにちはブラメです。

先日のラスベガス旅では前々から泊まってみたかった、Encore at Wynn Las Vegas(アンコール・アット・ウィン・ラスベガス)に宿泊しました。

burame
burame
インテリア好きとしては以前から気になっていたホテルです

とても素敵なホテルだったので今回はこちらのレポートをしたいと思います。

\この記事はこんな人におすすめ/

・ラスベガスでラグジュアリーなホテルに泊まりたい方

・アンコールとウィンのどちらに泊まろうか迷っている方

それではいってみましょ〜♪

アンコールってどんなホテル?

まずは簡単にアンコールのご紹介を。

左がEncore(アンコール)、右がWynn(ウィン)

華やかなラスベガスの中でも一際美しさを放つ曲線的なホテルがWynn(ウィン)Encore(アンコール)です。

アンコールはウィンの姉妹ホテルとして2008年にオープンしました。

burame
burame
両ホテルはフォーブス・トラベルガイドのファイブスターを世界で最も多く保持しています

ハイエンドなホテルにも関わらず、カジノのおかげで宿泊費はかなり抑えめで泊まれるのがラスベガスのいいところ♪

ラスベガスの他のホテルに比べると少々お高めですが、ラスベガス以外でこのクラスの部屋に泊まろうと思ったら倍以上はするようなラグジュアリーなお部屋に泊まれるので、

ホテル好きにはとてもおすすめのホテルです。

アンコールの立地と周辺スポット

アンコールはメインストリートのストリップ沿いにはあるものの、

中心部のフォーコーナーからは徒歩25分と少し離れた場所にあります。

そのためフォーコーナ周辺の観光をするには不便なのですが、

端っこにあるメリットもあって、ホテル周辺は比較的静かですし駐車場は無料です。

今回の私たちのようにラスベガスを車で訪れて連泊する場合は助かりますね。

巨大ショッピングモール|ファッションショーが近い

中心部から離れているものの、ファッション系のお買い物はしやすいです。

なぜなら8つのデパートと250以上のショップが並ぶ巨大ショッピングモールFashion Show(ファッションショー)が道を挟んで目の前にあるから。

アメリカのショッピングモールに入ってるお店はだいたい揃ってる印象なので、

お買い物を思いきり楽しみたい方にはおすすめです。

ヴェネチア気分を味わえる|グランド・カナル・ショップス

通りを挟んでお隣にあるヴェネチアンホテルの中には、ヴェネチアの街並みを再現したショッピングモールGrand Canal Shoppes(グランド・カナル・ショップス)があります。

こちらの中にもハイブランドからカジュアルブランドまで多くのショップが入っており、

レストランやファストフード店もたくさんあるので、ここに来るだけでだいたいの用事は済ませられます。

全室スイート!上質インテリアのお部屋をご紹介

それではお部屋のご紹介です。まずエントランスがとても素敵なんですよね。

ホテルのロビーからテーマカラーはレッドなんですが、お部屋の中に入っても天井にレッドを用いることで外部とのつながりを感じられます。

そしてブラックの建具光沢感のあるフロアとミラーによるラグジュアリー感がすごいです。

burame
burame
エントランスは天井が少し下がってダークな雰囲気なのに対し、

奥に進むと明るく開けていく感じがとてもドラマティックなんですよね

ベッドルーム&リビングルーム

エントランスを抜けると手前にベッドルーム、間仕切りがあって奥がリビングルームになっています。

この広さには驚きました。

そしてリビングはこんな感じ。白いパイピングの黒ソファかわいかったです。

カーテンの開閉は電動になっていて、そこもまたリッチな気分を味わえますし、

レースカーテンがダークカラーだったのもシックでよかったです。

続いてベッドルームでは、ベッドヘッドエントランスと同系色のレッドと、窓と同じ生地のカーテンを用いていたのが上品で素敵でした。

そしてこのBarコーナーもまた美しく魅せることへのこだわりが感じられます。

ここだけクロスを貼り替えてるのもまた良くて、これぞプロの仕事だなととても勉強になりました。

バスルーム

バスルームもゆったりしており、バスタブとシャワーブースが別になっているタイプです。

この部屋でひとつだけ気になったのがトイレのドア

なぜかここだけ白かったんですよね。ドア枠はブラックなのに…謎です。

アメニティや設備

アメニティはアメリカの一般的なホテルと同様シャンプー&コンディショナー、ボディーソープなどはありましたが、

日本のように歯ブラシやスリッパはありませんでした。

そして冷蔵庫はありますが中身はぎっしり詰まっており、数十秒動かすと飲んだものとして課金されるので、買ってきた飲み物を冷やしたりはできません。

アンコールのサービスや施設について

アンコールの基本的なサービスや施設はこんな感じです。

・無料Wi-Fi

・セルフパーキング 無料(Valetもあります)

・1階にはカジノやバー、カフェ有り

・ジム&プール有り

・スナックや飲み物を買える売店有り

姉妹ホテルのウィンとも1階でつながっているので、ウィンのバッフェレストランにもアクセスしやすかったです。

そしてラグジュアリーホテルならではのサービスや施設もあります。

・高級スパ

・敷地内にゴルフコース

・ハイブランドのショップが多数出店

スパは1人で行く勇気がなくて行かなかったんですが、後で写真を見たらすごいセレブ感あふれるスパだったので、

今度泊まることがあったら一度は体験してみたいなと思います。

アンコールとウィン泊まるならどっち?

最後にアンコールとウィンのどちらに泊まろうかなと迷われている方へ。

私はウィンにもまだ泊まったことがなく、両ホテルで料金も同じくらいだったのでどちらにしようか少し迷いましたが、

最終的にはお部屋のデザインが好みだったのでアンコールを選びました

これは完全に好みの問題なので、写真を見比べて決めればいいと思います。

ですが実際にアンコールに泊まってみて、少しの差ではありますがやはりウィンの方が利便性が高いなと思いました。

どこに行くにもアンコールだとプラス5分くらい遠いんですよね。

それが毎回なので歩き疲れて帰ってくると、ウィンにしとけばもう着いてたのにな〜という気持ちになります。

どこに行くにも車を利用するのであれば関係ありませんが、歩いて観光する予定であればウィンの方が多少楽だと思います。

あと建物自体もウィンの方が大きいので、カジノの広さやレストランの充実度もウィンの方が上ですね。

そのうちウィンにも泊まることがあると思うので、その際には改めてレポートしたいと思います。

ラスベガスには魅力的なホテルがたくさんあります

今回はEncore at Wynn Las Vegas(アンコール・アット・ウィン・ラスベガス)の宿泊レポートでした。

このホテルが気になる方はこちらのリンクから空き状況をチェックしてみてください↓↓

>>【Hotels.com】でアンコールのお得な宿泊料金を検索

>>【Booking.com】でアンコールのお得な宿泊料金を検索
burame
burame
ちなみにわが家はHotels.comで予約してスタンプを貯めてます。

1泊ごとに貯まるスタンプを10個貯めると1泊無料になってお得です♪

他にも過去に泊まったラスベガスのホテルについてご紹介してます↓

https://calikura.com/entry/2017-12-29-151346/

ラスベガス【パリス】ホテルのお部屋レポートラスベガスの【パリス】ホテルについて、お部屋のご紹介をしています。...

それではまた〜

burame