インテリア・建築

世界遺産【シカゴ】ロビー邸 見学ツアー [フランク・ロイド・ライト建築]

こんにちは!元住宅インテリアコーディネーターのブラメです。

前回に引き続き、今回もシカゴにあるFrank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)建築の見学ツアーのご紹介です。

建築好き必見!【シカゴ】フランク・ロイド・ライト自邸とスタジオ見学ツアーシカゴ郊外にある近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの自邸とスタジオ見学ツアーについてご紹介しています。...

今回ご紹介するのはFrederick C. Robie House(通称ロビー邸)

2019年に世界遺産となったライト建築の一つです。

burame
burame
建築やインテリアに興味のある方や、近々シカゴを訪れる予定の方の参考になれば幸いです♪

今回もあまりネタバレしないようにご紹介していきたいと思います

それではいってみましょ〜!

アクセス方法と見学ツアーへの申込方法

ロビー邸はシカゴ大学の敷地内にあり、公共交通または車で訪れることができます。

公共交通の場合、乗り継ぎがあったり徒歩の距離が長かったりして、ダウンタウンから行くと1時間近くかかりますが、

車なら30分弱の距離なので時間や労力を考えるとUberなどを利用して車で訪れることをお勧めします。

Frederick C. Robie House

住所:5757 S. Woodlawn Avenue, Chicago, IL

営業時間:9:30am – 4pm

火・水は定休日

サンクスギビング、クリスマス、年末年始は休業

所要時間:45分(周辺ツアー付は+45分)

料金:室内ツアーのみ $20、周辺ツアー込み $30

ロビー邸を見学するには、見学ツアーに参加する必要があります。

予約はこちらの公式ホームページからどうぞ。

burame
burame
予約は必須ではありませんが、定員オーバーの可能性もあるので事前の予約がおすすめです

ツアー参加者は子供も含め全員チケットを購入する必要があります。

ベビーカー及び8歳以下のお子さんの入場は不可となっていますのでご注意ください。

訪れる前に知っておくと楽しい豆知識

このツアーに興味を持たれる方の多くはライトについてある程度ご存知の方々だと思うので、ライトの功績などは割愛させていただいて、

ツアーに参加する前に知っておくと良さそうな豆知識をいくつかご紹介したいと思います。

ロビー邸はプレイリースタイルの最高傑作として世界遺産に登録された

フランク・ロイド・ライトはアメリカ独自の建築様式プレイリースタイルを打ち出した建築家として知られるようになったそうなのですが、

そのプレイリースタイルの代表作とされるのがこのロビー邸です。

Robie House Entrance

プレイリースタイルの特徴は、幅広で水平線を強調したデザイン、室内を区切らないオープンなフロアプラン、自然と調和した設計などが挙げられます。

実際に見学してみると、文字で読んだこれらの特徴を3次元で認識できますし、

そのような特徴を持つ建物を目の前で見て、室内に足を踏み入れてみて、

現代の暮らしをしている自身がどのように感じるのか、というのは行ってみないとわからない大きなポイントだと思います。

ロビーさん一家はここに14ヶ月しか住まなかった

ロビー邸は設計から建築まで3年がかりのプロジェクトだったにもかかわらず、

ロビーさん一家がこの家に住んだのはわずか14ヶ月という短い間だったというのは、なかなかの衝撃的な事実です。

Robie House – Living Room

この家が気に入らなかったというわけではなく、ロビーさんの父親が作った借金により経済的危機を迎えてしまったことや、

結婚生活がうまくいかなくなったなどの理由から、この家を売りに出すことになったんだそうです。

ライトはロビーさんから依頼を受け、一家のライフスタイルや要望を汲んで設計したにも関わらず、結局その家族はほとんど住まなかったというのは、なんだかさみしい結末ですね…

家具や照明、テキスタイルもライトがデザインをした

ライトは建物とインテリアは不可分のものであると考えていたので、

内装、窓、家具、照明、テキスタイルに至るまで自らの手でデザインしていました。

Robie House – Living Room

それを実際にやるのは本人も周りのスタッフも大変だったろうと想像しますが、

そこまでやったからこそ世界遺産として評価されたのだと思いますし、

外観から内部に至るまで一貫した統一美を感じられる建物になったんだろうなと思います。

ちなみにこの家のためにデザインしたランプはロビーランプとして有名で、

私はこのランプがどんな建物のためにデザインされ、実際にどんな感じで用いられているのかを見たかったからここを訪れたと言っても過言ではありません。

なので今回のロビー邸見学はとても勉強になりましたし、

1灯5万円以上するランプをこんなに贅沢に使っているとは…お金持ちの家ってすごいなとあらためて思いました。

【オプション】周辺建築のオーディオ・ガイドツアー

ロビー邸の見学ツアーにはプラス$10で周辺建築のオーディオツアーをつけることができます。

所要時間は45分です。

burame
burame
私たちはライト自邸の見学の際に、同様の周辺建築オーディオツアーをつけてみたのですが、様々なタイプのライト建築を見ることができて楽しめました

お時間があればこちらも参加してみてはいかがでしょうか。

この他にもシカゴの旅情報ご紹介しています

今回はロビー邸見学ツアーのご紹介でした。

ツアーに参加してみて、ライトの自邸とはまた違った趣きがありましたし、

室内に入ってそのスケール感を体感できるというのはなかなか貴重な経験だったと思います。

興味のある方はぜひ足を運んでみてください♪

それではまた〜

burame

建築好き必見!【シカゴ】フランク・ロイド・ライト自邸とスタジオ見学ツアーシカゴ郊外にある近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの自邸とスタジオ見学ツアーについてご紹介しています。...
【シカゴ】3泊4日の旅|建築・アート・球場をめぐるモデルコースをご紹介シカゴを3泊4日でまわるモデルコースをご紹介しています。建築、アート、MLB観戦などを無理せず楽しむ内容になっています。...
【シカゴ】名物のB級グルメ食い倒れ!おすすめレストラン&店舗5選シカゴのおすすめB級グルメとお店のご紹介をしています。...
【シカゴ】観光に便利なホテルSilversmith Hotel宿泊レポートシカゴで滞在した便利で快適なホテル【シルバースミス・ホテル】の宿泊レポートです...
【シカゴ・ホワイトソックス】球場でMLB観戦!アクセス方法と球場の様子をレポートシカゴ・ホワイトソックスの本拠地ギャランティード・レート・フィールドへのアクセス方法や球場の様子をレポートしています。...